×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファルコンズ VS 慶應義塾大学ブルーズアンドレッズ (毎コムリーグ予選)
2006年7月1日(土)  多摩川3号面 天候:曇・雨

 
KBR 0 0 0 0 0 6 6
ファルコンズ 0 0 0 0 0 0 0
バッテリー:池田、森田−竹節



グランドにカルガモの親子がいたので、彼らを守るため打たなかった。

…かどうかは定かではない。
 ■スタメン
1:澤田(中)
2:水野(左)
3:中川(一)
4:竹節(捕)
5:白石(三)
6:大澤(遊)
7:木村(二)
8:森  (右)
9:池田(投)
 ■ 詳細
またまた澤田のプレイボールホームランで幕を開け…

なかったこの試合。

…実際には一塁に走らないという怠慢プレーで幕を開けた。

両チームチャンスを作るも、あと一本が出ずに0-0の緊迫した試合展開が続く。
特に無死満塁という大チャンスからの
木村・森の二者連続三振は圧巻だった。
そして6回表、ここまで力投を続けてきた
池田がついに力尽き、均衡が破れる。その後も押し出しなどで大量6点を失い万事休す。
6回裏も3、4年生がチャンスを作るが最後は木村の三振でゲームセット。
「上級生が作ったチャンスを2年がつぶす」という今日を象徴するような終わり方だった。

本日のMVPは文句ナシに二人合わせて

「五打席五三振」

木村・森の2年コンビであろう。


声はか細く、目はうつろ。試合後、沈痛な面持ちで、この日最大の決定機を振り返った。
 「急にボールが来たので。」
まさに気分は柳沢。



本当に申し訳ございません…
(文責:本日の戦犯)