×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファルコンズ VS 慶應大学シェルツ
2006年8月2日(水)  多摩川2号面 天候:晴天 風:つえー

 
ファルコンズ 0 5 1 0 2 1 0 9
シェルツ 0 0 0 1 2 1 0 4
バッテリー:森田、鈴木悟、大澤−阿多、下井、水野


 ■スタメン
1:青木(右)
2:水野(中)
3:鈴木康(左)
4:澤田(遊)
5:池田(三)
6:福田(二)
7:鈴木悟(一)
8:阿多(捕)
9:森田(投)
 ■ 詳細
野球係×2と代表が欠席のため、の采配となったこの試合。
スタメンの決め方からなどからもそのグダグダぶりがうかがえる。
そのグダグダな流れが相手にも伝染したようで、試合序盤のまずい守備の連発でファルコンズが大きくリード。
守りの方では先発・
森田がそんなグダグダとは違うぜと言わんばかりの好投を見せ、相手打線を沈黙させる。
終盤はまたグダグダな点の取り合いになったが、序盤のリードが効き9−4でシェルツに快勝した。

(文責:監督)