×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファルコンズ VS 国士舘大学ブッシュマンズ (毎コムリーグ予選)
2006年9月30日(土)  多摩川2号面 天候:曇り 

 
ファルコンズ 0 0 0 0 0 1
ブッシュマンズ 0 0 3 0 6 X 9
バッテリー:鈴木悟、池田−阿多


 ■スタメン
1:阿多(捕)
2:大澤(三)
3:石川(一)
4:竹節(中)
5:高木(遊)
6:森  (左)
7:田中(二)
8:石垣(右)
9:鈴木悟(投)
 ■ 詳細
9月30日、ダブルヘッダーの第一戦。前週の塾内のヒーロー、石川に期待が集まる。試合前から石渡
を怒鳴りつけるなどこの日も何かやってくれそうな予感。

…が1回裏の走塁時に負傷、退場、合掌。その後は主審として活躍しますた。

試合の方は先発・鈴木悟
の制球が今ひとつ。不運も重なり本人曰く「自滅」の形で3回裏に3失点。
攻撃陣は相手のミスでチャンスを作るもあと1本が出ない。しかし4回表、の右前打を相手ライトが後逸、そのままホームまで帰り1点を返す。そしてその裏からエース・
池田を投入。
が、5回裏、守備が乱れ3失策、6失点で万事休す。味方ベンチから「バックを信頼するな!」との野次まで飛ぶ始末。
結局高木の2安打などの活躍なども実らず、1−9で大敗した。相手のミスにつけ込めるかどうか、そこで勝敗が分かれた試合だった。

まぁ、2戦目の塾内勝てばいいべ。
(文責:森)