×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファルコンズ VS 慶應大学ベアーズ(塾内トーナメント2回戦)
2006年9月20日(水)  多摩川1号面 天候:曇り 

 
ファルコンズ 3 0 0 0 0 0 0 3
ベアーズ 0 0 0 0 0 0 0 0
バッテリー:池谷、森田−坂間


 ■スタメン
1:澤田(遊)
2:水野(左)
3:中川(一)
4:竹節(右)
5:白石(三)
6:本村(中)
7:坂間(捕)
8:木村(二)
9:池谷(投)
 ■ 詳細
9月30日、ダブルヘッダー2試合目の塾内2回戦。絶対負けられない一戦。
初回に
澤田の中前打を足がかりに安打、四球を絡め幸先良く3点を先制。
1回戦に引き続き先発の池谷は立ち上がり変化球が抜け気味だったものの、しっかり修正してベアーズ打線を抑えていく。
しかし初回以降、ランナーは出すものの追加点を奪えない。もどかしい展開の中、5回裏、無死満塁というこの試合最大のピンチを迎えてしまう。
が、ここでしっかり踏ん張るのがファルコンズの強さ。まず最初の打者を見逃し三振、次の打者をダブルプレーに打ち取り、無失点。
その後の6、7回は池谷からバトンを受けた森田が危なげなく抑え、塾内トーナメント準決勝進出を決めた。

ちなみに木村はやっぱりノーヒット。2男大はしゃぎ。いつになったら彼に春は訪れるのか!?


(文責:森)