×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファルコンズ VS 東京大学セローリ(練習試合)
2009年3月13日(金)  多摩川3号面 天候:曇り(強風) 

セローリ 0 0 0 0 0 3 0 3
ファルコンズ
0 2 2 0 0 0 1 5
バッテリー:河上→森山−小林


 ■スタメン
1:早川(遊)
2:森田(二)
3:山崎(左)
4:森山(中)
5:赤堀(三)
6:杉山(右)
7:加瀬(一)
8:小林(捕)
9:河上(投)
 ■ 詳細
強風の中行われた今シーズン初戦。
相手は昨年関東大会に出場した東大の覇者セローリ。
試合前のノックからぐだぐだな我々を見て相手はさぞかし安心したことでしょう。
また浦尾が主審を務めるという野球連盟が聞いたら激怒するような状況での試合でもあった。
 
試合が動いたのは2回裏、森山が四球→二盗で相手のリズムを崩しワンナウト二、三塁のチャンスを作る。そこから相手のバッテリーミスやエラーに乗じてノーヒットで2点を先制する。
 
3回裏も同様にノーヒットで2点を追加する。ごちそうさまです。
 
先発の河上はというと毎回のようにランナーを背負うものの要所要所をしっかり締めて相手に点を与えない。これが童貞の意地だろうか。
 
守備陣もノーエラーで河上を盛り立てる。秀逸だったのが5回表、相手の得点を防いだ加瀬のホームへのストライク返球。こちらも童貞の底力をいかんなく発揮した。
 
楽勝ムードが漂う6回裏、リーサルウェポン浦尾を起用する。
「走り打ちを見せてやる」と毎度のようにヘラヘラしながら打席へ向かう浦尾。
その初球、千鳥足で打席を走りつつベース手前30cmのワンバウンドを空振り。
この瞬間ベンチの誰もが三振を確信したのは言うまでもない。
 
そして7回表、満を持して守護神(仮)の森山が登板する。
しかし、フォアボールとヒットでランナーをためると向こうの4番に2点タイムリーを打たれる。その後もパスボールで点を献上し点差は1点に縮まる。
絶体絶命のピンチではあったがそこは代表森山。かつてアフター○ルでピンチを摘み取ったように後続を抑え勝利を手中に収める。
 
おまけの7回裏には早川の出塁→二盗から森山のタイムリーという理想的な形で追加点を挙げる。今後も足を絡めた攻撃をしたいものである。
 
○総評○
 
内容としては負けてもおかしくない試合でした。相手のミスに助けられるのではなく自ら繋ぐ野球で点を重ねたいものです。
 
攻撃・・・打撃力がまだまだ弱い。練習で重点的に鍛えてもうてん。
守備・・・7イニングをノーエラー。細かい連携など更なるスキルアップを目指したい。
投手・・・死四球を減らそう。打たせてもバックが固ければ大怪我はしないよ。
童貞・・・今年度中の卒業を目指そう。
 
何はともあれ今シーズン初戦を白星で飾りました。どんな形でも負けないことって大事だと思います。このまま無敗で関東行こうか。
 
(文責 森田アキ子)