×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファルコンズ VS 慶應大ユニコンズ(練習試合)
2009年6月27日(土)  多摩川の球場D面 天候:晴れ 

R
ファルコンズ 2 0 0 0 0 3 5
ユニコンズ
1 0 0 0 0 0 1
バッテリー:河上→番場−小金丸


 ■スタメン
1:早川(遊)
2:森田(二)
3:森山(中)
4:徳武(左)
5:寺澤(一)
6:刈谷(DH)
7:赤堀(三)
8:米澤(右)
9:丸剣(捕)
投:河上
 ■ 詳細
BBQを試合後に控えたこの試合。マイケルの悲報を受けナインにも動揺が走る。
しかし諸事情が重なり大幅に試合開始が遅れる。炎天下で2時間待つのは正気の沙汰ではない。
 
 
初回の攻撃、先頭の早川が四球を選ぶと今日も2盗、3盗塁を成功させ得点のチャンスを演出する。続く森田はライトの前にポトリと落とすタイムリー。
ファルコンズの1、2番コンビがあっさりと先制点を挙げる。
森田が3塁まで到達すると打席には今日4番に抜擢された徳武
徳武の放ったライナー性の打球はとんでもない速度で飛んでいき目測を誤ったセンターのグラブを弾くタイムリーとなる。野球史上初のセンター強襲ヒット。
が、なぜか徳武は2塁に爆走。憤死。
 
 
 
先発は河上
立ち上がりが心配されるなかいきなり先頭打者に四球を与える。
パスボールで3塁に進められ相手の3番にライト前ヒットを浴びあっさり1点を返される。続くピンチは何とかしのいだものの課題を残す立ち上がりであった。
下半身の立ち上がりも悪いらしく地元上野での早期治療が必要そうだ。
 
 
 
 
「マイコー!!」
 
 
 
2回裏、守りにつくファルコンズのナインからマイケルを追悼する声が飛び交う。中には感極まってスリラーを踊る者まで現れる始末。
そんな中、河上が圧巻の3者連続三振。
 
僕は目を疑った。マウンド上にマイケルがいたんだ。少し顎の出たマイケルだったがきっと僕らの声がネバーランドに届いたのだろう。。ありがとうマイケル。
 
 
 
4回の攻撃、徳武がセンターオーバーのスリーベースを放ち出塁。
寺澤も四球で出塁しノーアウト2、3塁のチャンスを迎える。
続く刈谷の打球はレフトに上がり徳武はタッチアップを試みる。
徳武は狂牛病にかかったバイソンの如く本塁へ突進するが間一髪アウト。
 
 
 
5回にも2、3塁のチャンスを作るものの森田森山が連続見逃し三振でチャンスを潰してしまう。この判定に森田は禿げ上がるくらいキレる。頭皮への悪影響が出たら慰謝料を請求させていただく。
 
 
 
しかし6回。徳武が猛打賞となるレフト前ヒットを放ち出塁。
寺澤も出塁しノーアウト2、3塁となり4回と全く同じ局面を迎える。
この場面で刈谷はレフトオーバーのタイムリーツーベース。待望の追加点を挙げる。
続くバッターはメタボリック松岡。刈谷3盗→松岡ファール。彼らはこれを3回繰り返す。息も絶え絶え4回目で成功させるると松岡はレフト前タイムリー。とりあえずやせろ。
おせおせのムードで代打津谷。あえなく見逃し三振。帰れ。
しかし丸剣がこの日2本目となるヒットなどで満塁のチャンスを作る。
ここで代打斎藤。グランドスラム宣言からの三振。結局3点奪ってこの回の攻撃を終える。
 
 
 
5回から登板した番場は危なげないピッチングで相手に付け入る隙を与えない。やっぱり番場はいいP。
最終回にはエラーでランナーを許したものの後続を抑え、勝利を飾る。
 
 
 
 
☆ヒーローインタビュー☆
 
今日のヒーローは三安打猛打賞の徳武です。
 
 
   「初回にチャンスが回ってきましたがどんな気持ちで打席に入りましたか?」
 
徳武「前の森山さんが簡単打ち取られていたので怒りで足が震えていました。」
 
   「森山は母校である上田高校野球部の先輩ですよね?」
 
徳武「まことに遺憾です。怒りで足が震えます。」
 
   「今後の目標をお願いします」
 
徳武「塾内制覇そして上田高校の地位向上。森山さんには怒りで足が震えそうです。」
 
 
 
 
○総評○
 
投手陣の頑張りが際立った試合でした。
打線はチャンスで凡退が目立ったのでそこは直したいところです。
とはいえきれいな当たりも多く出ていたので今後に期待できそうです。
まだ今期無敗。これはきてます。
 
 
 
 
 
(文責 ムーンウォークは世界を変えた 森田)