×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タクティクス
ファルコンズ





バッテリー河上−山崎

プレイヤー9人+マネージャー2人と少ない人数となってしまった秋合宿第1試合。

初回に1点を先制されるという嫌な展開となってしまったこの試合。

だが、2回、森山が投手エラーで出塁、続く加瀬も3塁エラーで出塁でノーアウト1、3塁。続く赤堀がレフトへ犠牲フライで同点。そして斉藤が四球で1アウト1、2塁で河上がファルコンズでの自分のポジションを物語るかのようなセカンドへの進塁打を打ち、2アウト2、3塁で杉山のワイルドピッチの間に逆転。その後凡退。

しかし、3回にすぐに逆転を許すまた嫌なムードに。。

はたまたしかし、その裏先頭の早川が四球で出塁。続く森田のレフト線のツーベースで2、3塁。そして山崎は四球でノーアウト満塁のビックチャンスで四番森山がきっちりと犠牲フライを打ちまず同点。続く加瀬はセンターへの浅いフライで3塁ランナーの森田はタッチアップを試みるがアウトになりこのかい同点どまり。

5回、相手チームの1番にライトオーバーのスリーベースを打たれ、次打者にもレフト前ヒットを打たれ逆転。

最終回、2アウトから森山のセンターへのツーベースを放って一矢報いるが、続く加瀬がショートゴロで善戦むなしく惜敗となってしまった。



赤堀すごい。
(文責:加瀬)